焙煎度合いからコーヒー豆を探す

【焙煎度合いとは】

焙煎度合いは、コーヒー豆をどれほど煎ったかを示す指標であり、コーヒーの味わいに大きく影響を与えます。

簡単に説明すると浅煎り焙煎では「酸味が強く」、深煎り焙煎では「苦味が強い」です。
また、中煎り焙煎では「酸味と苦味のバランスが良い味わい」です。

焙煎度合いについて

詳しくはこちらのページをご覧ください。
→  焙煎度合いについて

 

【焙煎度合いごとのコーヒー豆一覧】

当店では、現在『中浅煎り(ハイロースト)〜極深煎り(イタリアンロースト)』の商品を販売させていただいております。

お好みの焙煎度合いをもとに、コーヒー豆をお選びいただければと思います。

■ 中浅煎り(ハイロースト)

中浅煎り(ハイロースト)

中浅煎り(ハイロースト)のコーヒーは、酸味が主体の味わいを楽しむことができるコーヒーです。わずかにほろ苦さも味わうことができます。

酸味のあるコーヒーがお好きな方には、オススメの焙煎度合いです!

→ 中浅煎り(ハイロースト)のコーヒー豆一覧

 

■ 中煎り(シティロースト)

中煎り(シティロースト)

中煎り(シティロースト)のコーヒーは、酸味と苦味がどちらもほどよく、絶妙にバランスの取れた味わいを楽しむことができるコーヒーです。

強い苦味や強い酸味が苦手な方には、ちょうど良い味わいに仕上がっております!

人気の焙煎度合いの1つです!

→ 中煎り(シティロースト)のコーヒー豆一覧

 

■ 中深煎り(フルシティロースト)

フルシティロースト

中深煎り(フルシティロースト)のコーヒーは、ビターな苦味が主体ではありますが、ほのかに酸味の味わいも楽しむことができるコーヒーです。

それほどコーヒーの酸味が得意ではない方や、しっかりと苦味のあるコーヒーがお好きな方にはオススメの焙煎度合いです!

こちらも人気の焙煎度合いの1つです!

→ 中深煎り(フルシティロースト)のコーヒー豆一覧

 

■ 深煎り(フレンチロースト)

深煎り(フレンチロースト)

深煎り(フレンチロースト)のコーヒーは、苦味が主体の味わいを楽しむことのできるコーヒーです。酸味はほぼ感じられず、コクが深い味わいのコーヒーになります。

酸味のあるコーヒーよりも、しっかりと苦味のあるコーヒーがお好きな方にはオススメの焙煎度合いです!

→ 深煎り(フレンチロースト)のコーヒー豆一覧

 

■ 極深煎り(イタリアンロースト)

極深煎り(イタリアンロースト)

極深煎り(イタリアンロースト)のコーヒーは、非常に強い苦味の味わいを楽しむことができるコーヒーです。酸味は感じられることができず、よほど苦味がお好きな方でないとあまりオススメできません。

とにかく苦味の強いコーヒーが好きな方やエスプレッソ、アイスコーヒーとして飲みたいという方にはオススメの焙煎度合いです!

→ 極深煎り(イタリアンロースト)のコーヒー豆一覧