商品情報にスキップ
1 7

エチオピア イルガチェフ コチャレ G1 ウォッシュド

通常価格 ¥910
通常価格 セール価格 ¥910
セール 売り切れ
税込み。 配送料はご購入時に計算されます。
(0件)

コーヒー豆について

配送料金について

【配送料】

○ご注文金額が5000円以上:配送料無料

○ネコポス:400円

 →30g 1~4袋まで
 →100g 1〜2袋まで
 →ドリップバッグ 6袋まで
 →水出しコーヒー 3袋まで
 →マイボトル用  6袋まで

○宅急便:680円〜

(地域により価格が異なります)

 →30g 5〜16袋
 →100g 3〜8袋まで
 →ドリップバッグ 24袋まで
 →水出しコーヒー 12袋まで
 →マイボトル用  24袋まで

○宅急便:780円〜

(地域により価格が異なります)

 →30g 17袋〜
 →100g 9袋〜
 →ドリップバッグ 25袋〜
 →水出しコーヒー 13袋〜
 →マイボトル用  25袋〜
 

詳細は配送ポリシーをご覧ください。

→配送ポリシー

[200g] の場合には100gを2袋、[300g]の場合には100gを3袋でお送りいたしますので、ご了承くださいませ。


【商品説明】

エチオピア イルガチェフ コチャレは、コクのある苦味と華やかなレモンを彷彿とさせるようなフルーティーな味わいの酸味を楽しむことのできる高品質なコーヒー豆です。

エチオピアでは、コーヒー豆の生産過程である精製段階が非水洗式(ナチュラル)で行われることが多いです。

このコーヒー豆は厳しい品質管理のもと非水洗式(ナチュラル)ではなく、水洗式(ウォッシュド)で精製され高品質を誇っているため、高く評価されているコーヒー豆です。

このコーヒー豆の特徴は、バランスの取れた味わいクリーンな飲みやすさです!

苦味と酸味の味のバランスがしっかりと取れており、コーヒーらしいコクを感じられるだけではなく、液体がクリーンで非常に飲みやすい一品です。

徐々に飲み進めると酸味も苦味も落ち着いていき、華やかなレモンティーのようなティーフレーバーとまろやかな苦味を楽しむことができます。

喉ごしがクリーンでゴクゴクと飲めてしまうため、飲み過ぎにはお気をつけください!

コチャレエリアの街並み ハンドピックに従事する女性たち

■コーヒー豆の味わい(焙煎度合い:シティ)

苦味:★★
酸味:★☆
甘味:

後味:
香り:★☆

オススメ焙煎度合い:ハイロースト

ハイロースト

(苦味が苦手な方は、砂糖やミルクを入れてお飲みいただいても美味しいです!)

■コーヒー豆の生産情報

生産地域:エチオピア イルガチェフ コチャレ地区
生産農園:小規模農家からの集買
生産標高:1800〜2200m
栽培品種:在来種
収穫時期:4月〜12月
精製方法:ウォッシュド

■その他関連商品

・ドリップバッグ
 →商品開発中

・ ティーバッグコーヒー
 →商品開発中

・水出しコーヒーバッグ
 →商品開発中

(0件)
  • 焙煎度合いについて

    焙煎度合いは、コーヒー豆をどれほど煎ったかを示す指標であり、コーヒーの味わいに大きく影響を与えます。当店では豆ごとの味わいを大切にしているため、豆ごとに幾度もカップテストを行い、最適な焙煎度合いを探った上で、焙煎と販売をしております。

    詳しく見る 
  • 豆の状態(粒度について)

    コーヒー豆を「粉」でご購入される場合には、粉の粒度を決めていただく必要がございます。当店では「細挽き」「中挽き」「粗挽き」の3パターンから豆を挽いて粉にすることができます。お使いの珈琲器具を基に粒度を決めていただければと思います。

    詳しく見る 
  • 賞味期限について

    コーヒー豆は、焙煎してから3日から長くて20日くらいが香味の劣化が少なく味わいを楽しめます。ただし、鮮度を基に美味しく飲める期間ということなので、コーヒー生豆を焙煎してから2ヶ月を賞味期限と設定しております。

    詳しく見る 
  • コーヒー豆の値段について

    当店のコーヒー豆の販売価格に関しては、ご購入いただくコーヒー豆の購入量に応じてg単位の金額が安くなるように設定しております。コーヒー豆を100g購入するよりも、200g購入される方が1g単位の金額は安くなります。

    詳しく見る 
  • パッケージとラベル

    当店のコーヒー豆のパッケージは、外気を遮断し、ガスを放出する機能がございます。また、ラベルには焙煎したコーヒー豆についての情報をわかりやすく記しております。(30gのパッケージの場合は、ガスの放出の機能のみです)

    詳しく見る 
  • Room Coffee独自グレードについて

    当店では、主に商品の価格と味わいを基にした独自のグレード分けを行なっております。ただし、グレードが低いからといってコーヒー豆の味が悪いというわけではございません。独自グレードについては、購入の際の参考にしていただければと思っております。

    詳しく見る